SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

<W杯アジア最終予選>ハリル大胆!主力外しのメッセージ!チームに“ぬるい”空気が蔓延していることを危惧

Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 16:45:38.00

日本サッカー協会は25日、キリンチャレンジカップのシリア戦(6月7日、味スタ)とロシアW杯アジア最終予選イラク戦(同13日、イラン・テヘラン)に臨む日本代表メンバー25人を発表した。MF清武弘嗣(27=C大阪)ら代表常連の主力メンバーが外れて、無名のMF加藤恒平(27=ベロエ・スタラザゴラ)らの新顔を初選出した。まさかの“超サプライズ選考”の裏にいったい何があったのか――。 

 バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が大ナタを振るった。日本代表の主力選手だった清武、GK西川周作(30=浦和)、DF森重真人(30=FC東京)、お気に入りのFW宇佐美貴史(25=アウクスブルク)を選外とした。指揮官は「何人かの選手のパフォーマンスに満足していない」と険しい表情で説明した。 

 代わりに招集した面々はまさにサプライズ。ブルガリアでプレーするMF加藤を筆頭に、J1浦和を支えるDF宇賀神友弥(29=浦和)、若手有望株のDF三浦弦太(22=G大阪)が初選出。リオデジャネイロ五輪代表で売り出し中のGK中村航輔(22=柏)も抜てきした。 

 指揮官は「他の選手が良かっただけだ。みんなに門戸が開いている。サプライズ? こんなことでびっくりしてはいけない」と涼しい顔だったが、W杯アジア最終予選が佳境を迎える中、大幅な入れ替えを断行するのは極めて異例。なぜ大胆な決断を下したのか。 

 ハリルホジッチ監督は、イラク戦が開催されるイランの試合会場のピッチ状態が悪いため「パス中心の展開は難しい。空中戦になりセカンド(ボール)を拾うという想定。その状況下で、できるだけ速くボールを取るのが大事。ボールを奪える選手を選んだ」と説明。球際の強さを重点ポイントに据えた。 

 その一方で、指揮官が主力を外したのには別の理由がある。Jクラブ関係者は「ハリルさんはチームに“ぬるい”空気が蔓延していることを危惧したようだ。例えば練習でも気心知れた者同士で安全に、淡々とこなす場面が見られた。そこで思いきって刺激を入れる狙いがある」と指摘する。 

 指揮官は練習時でも激しい「デュエル(戦い)」を求めてきたが、毎度おなじみのメンバーが中心では、ケガを心配しながらプレーするなど最近は“マンネリ化”が顕著だった。来年のW杯本番はおろか、最終予選を勝ち抜くことさえままならないと危機感を強め、起爆剤として新戦力をサプライズ登用したのだ。

「アグレッシブにいける選手、戦いが大好きな選手を選んだ。この私のチョイスが良いメッセージになればいい」。ハリル流の“喝”でチームの活性化を図る。

東スポWeb 5/26(金) 16:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000038-tospoweb-socc



続きを読む

<長谷部誠の妻・佐藤ありささん>妊娠を報告!「私の口からお話しする事が遅くなってしまい、大変申し訳ありません」

@Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/27(土) 12:35:04.61

フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠の妻でモデル、
タレントの佐藤ありささんが、自身のInstagramを更新し、妊娠を報告した。

佐藤さんは「この度、新しい命を授かっている事をご報告させていただきます。
お祝いのコメントや体調を気遣ってくださるメッセージをいただいていたのにも関わらず、
私の口からお話しする事が遅くなってしまい、大変申し訳ありません」と報告した。

また、今後はモデルを務めるファッション雑誌での仕事を休業すると発表。
「これからは新しい生活になりますが、毎日を大切に過ごしていきたいと思います」と綴っている。

SOCCER KING 5/27(土) 12:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00593171-soccerk-socc

写真



続きを読む

「日本のフメルス」?代表初招集の三浦弦太はこんな選手

仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 21:05:29.16

25日、日本代表に初招集されたガンバ大阪のDF三浦弦太。

昨年のトゥーロン国際大会に選出され、リオ五輪の候補ともなっていただけにその素質は従来から高く評価されていたが、この22歳の若手センターバックは今季、清水エスパルスからガンバ大阪に移籍したことで一段と成長を遂げ、日の丸を背負う栄誉を与えられた。

三浦はガンバの公式サイトで、

「サムライブルーと言われるこのカテゴリーにはじめて選出されました。すごく嬉しいですが、喜ぶだけでなく、クラブで出してきた力を代表でも出せるように集中して臨みたいです。W杯出場に向けての結果も求めつつ試合に出場し、また呼ばれるように、遠慮せずに過ごしてきたいと思います!!」

とコメントしている。語尾に“!!”を2つ付ける辺り、その意気込みが伝わってくるところだ。

さて、そんな三浦を今季はQolyが猛プッシュしていたのをご存知だろうか。特に編集部Sの入れ込みぶりはなかなかのもので…

https://twitter.com/mori_shio/status/829284825370615808
https://twitter.com/soccernewsbot/status/836563962640596992
https://twitter.com/soccernewsbot/status/856640264122880000

この通り、今年だけでプレー動画を3本も配信していたのだ!

彼の特徴は1対1での粘り強い守備と、ご覧の通りの圧倒的な跳躍力、そして編集部Sが「日本のフメルス」とまで形容した高いフィード能力にある。自身の理想とするDF像は「全てを兼ね備えた選手」で、チアゴ・シウヴァ(PSG)やレオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)、ジェローム・ボアテング(バイエルン)らに影響を受けているという。

CBのレギュラーであった森重が外れたことで、来月の試合では吉田麻也の相棒が誰になるのかが大きな注目ポイントとなる。Qolyイチ押しの三浦がいきなりポジションを奪取しちゃうかも?

http://qoly.jp/2017/05/26/who-is-genta-miuta-hys-1



続きを読む
最新コメント