SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

<柴崎岳にマラガとセルタ接触!>ほか2クラブも獲得に関心! 複数メディア報道

Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/27(火) 07:21:23.15

スペイン1部マラガとセルタが同2部テネリフェに所属する元日本代表MF柴崎岳(25)の獲得を検討し、すでに代理人と接触していることが26日、分かった。

 「デスマルケ」など同国の複数のメディアは、6月30日で所属クラブとの契約が満了となる柴崎の去就に触れ、「セルタとマラガがすでに代理人と接触した」と報じた。マラガは2012−13シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)で8強入りし、今季11位。セルタも同13位でシーズンを終えており、来季の上位進出に向けた補強として「柴崎に白羽の矢を立てた」と伝えた。

 また、テネリフェの地元紙「ディア」(電子版)は今季のスペイン国王杯で準優勝のアラベス(今季9位)が「獲得に関心を持っている」と伝え、他のメディアはベティス(同15位)が「触手を伸ばしている」と報じている。

 柴崎は1部昇格は逃したがプレーオフ(PO)4試合で1得点2アシストと活躍。本人の「1部でのプレー」という希望もあり進退が注目されている。

サンケイスポーツ 6/27(火) 7:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000009-sanspo-socc



続きを読む

<本田圭佑>無所属なら8・31W杯アジア最終予選の豪州戦落選!?ホルンに“練習生”として加入するプランも浮上

Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/26(月) 17:30:26.35

イタリア1部ACミランからの退団を表明した日本代表FW本田圭佑(31)に新たな難題が浮上した。

現在は欧州クラブを中心に移籍先を選定しており、長期戦も覚悟している。そんななか、ロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日、埼玉)に臨む日本代表のメンバー発表までに所属先クラブが決まらなければ、ハリルジャパンから落選する可能性が出てきた。 

 本田は1日に千葉県内で取材に応じた際、去就について「まずはビッグネームが動く。僕(にオファーが来るの)はビッグネームの次くらい。(そのときの)移籍先を全てテーブルに載せて選べれば」と話し「慌てず最後まで粘ってみようと考えています。後悔しないようにしたい」と、慎重な姿勢だった。 

 現在までに欧州やJ1クラブからいくつか“オファー”は届いているものの、本田が納得するような条件を提示したチームはないという。昨季はイタリアでほぼ出場機会がなく、日本代表でもスタメン落ち。選手としての評価は急落しており、再就職でも苦戦が続いている。 

 本田も長期戦を覚悟しているが、所属先がなければゲーム形式の練習ができない。大一番のオーストラリア戦に向けて試合勘に不安が生じかねず、これを解消するため、本田が実質的なオーナーを務めるオーストリア2部(来季3部)ホルンに“練習生”として加入するプランも浮上した。 

 だが、本田の試練はまだまだ続く。無所属のままならば、日本代表に選出されない可能性があるのだ。実際にバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は2015年8月に、当時浪人中だった守護神のGK川島永嗣を日本代表に選出しなかった。その理由について指揮官は「残念ながら(所属)クラブを見つけられていない」と説明している。 

 オーストラリア戦に臨む代表メンバーは8月下旬に発表の予定だが、1997年にはMF前園真聖が、V川崎(現J2東京V)移籍に向けたクラブ間交渉が難航。契約満了で無所属になる日が迫っていた。すると、日本サッカー協会は「所属のない選手は代表に選ばない」と通告。幸いにも交渉は合意に達し代表チームに合流できたが、あわやの状態だった。 

 本田の場合はどうか。協会関係者は「例えば日本サッカー協会所属などという形で代表に選ぶことはルール上、可能だと思う。他国の代表でもそういう選手は結構いるから」と話したうえで「あくまで(選手を選考するハリルホジッチ)監督次第だけど」と話した。 

 欧州の移籍期限は原則8月31日。オファーをくれたクラブに対し、本田が結論を先延ばしにすれば、他の選手がその穴を埋めることになり、移籍先の選択肢は狭まりかねない。代表落ち回避のためにも、浪人は避けたいところだが、果たして妥協できるか。

写真

東京スポーツ 2017年06月26日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/701739/



続きを読む

ロシア代表全員にドーピング疑惑 2014年ブラジルW杯

Reproduction Prohibited ★@\(^o^)/ 2017/06/25(日) 19:09:34.28

2014年ブラジルW杯 ロシア代表23人全員にドーピング疑惑 FIFA調査と英紙報道
サッカー2017.6.25 18:48

 英紙デーリー・メール日曜版は25日、サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場したロシア代表23人全員がドーピング違反の疑いで国際サッカー連盟(FIFA)の調査を受けていると報じた。FIFAの広報担当も調査の事実を認めたという。


 ロシアで開催中のコンフェデレーションズ・カップにも、W杯ブラジル大会のメンバーだったGKアキンフェーフ選手らが参加した。同紙はさらに11人のプロサッカー選手に違反の疑いがあるとしている。

 世界反ドーピング機関(WADA)はロシアで国ぐるみのドーピングが行われていたと認定。昨年のリオデジャネイロ五輪では陸上のほぼ全選手など、ロシアの100人を超える選手が出場を禁じられ、リオデジャネイロ・パラリンピックからは全面除外された。(共同)

http://www.sankei.com/smp/sports/news/170625/spo1706250018-s1.html



続きを読む
最新コメント