SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

<Jリーグ>来季ルヴァン杯はJ2降格クラブも参加へ…GLの大会方式変更を承認

Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/25(火) 21:31:42.62

Jリーグは25日に行われた理事会において、ルヴァン杯の大会方式の変更についての決定を承認した。

 変更となるのはグループリーグ(GL)の大会方式で、今季までは14または15チームが2組に分かれて戦っていたが、来季からは16チームが4チーム4グループに分かれて対戦する。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するクラブのGL免除に変更はないが、J1クラブの他に前年度のJ1で16位と17位でJ2に降格したクラブがGLに参加する。ただしACLプレーオフで敗れ、ACL本戦出場チームが3つの場合は、J2の参加が前年J1で16位のチームのみとなる。

 この変更について村井満チェアマンは「ACL出場クラブと同じ日程で戦うことがフェアだということで、競技日程をぶつけている。国内も同様の方式で戦うことで分かりやすさを求めた」と説明。J2降格クラブはハードな日程が予想されるが、降格救済金が出ることで財政的な基盤ができることなどを理由に降格チームがいいのではないかという総意が出たと話した。

7/25(火) 19:22配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-01642092-gekisaka-socc



続きを読む

<パリ・サンジェルマン>ネイマール獲得へ!史上最高額730億用意!

Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/25(火) 18:09:41.14

パリ・サンジェルマンは5億6200万ユーロ(約730億円)という移籍市場過去最高額を準備して、バルセロナFWネイマール獲得目指していると、25日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

 バルセロナへの違約金は2億2200万ユーロ、選手の5年間の年俸総額は税込みで3億ユーロ、ネイマールの代理人でもある父親へ4000万ユーロ。パリSG側は楽観的に見ており、交渉は数日間で実現する可能性もある。

パリSG側はネイマールを獲得すればマーチャンダイジングやスポンサーなどからの報酬で、収支を合わせることができると確信している。これはバルセロナがパリSGのベラッティの獲得を望んでいることに対するお返しだとも取れるという。

日刊スポーツ 2017年7月25日17時8分]
https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/1861545_m.html?mode=all



続きを読む

「くたばれレッズ」発言の上西議員「そんなにキツい言葉ではない」

あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/07/25(火) 13:42:06.14

 サッカーに関するツイートで炎上した“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34)が25日、TBS系情報番組「ビビット」に生出演した。

 上西氏は、J1浦和とドルトムントの一戦(15日)に関するツイートをきっかけに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。
他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とサポーター批判を展開。すると、浦和サポーターと思われる人物から殺害予告が届き、19日に警視庁麹町署に
被害を相談した。22日には、浦和ファンを名乗る人間が大阪にある上西氏の事務所に押しかけたため、上西氏が「くたばれレッズ」と怒りのツイートをし、
再び炎上した。

 上西氏は公設秘書の笹原雄一氏と並んで出演。上西氏は「くたばれ」発言について「事務所に押しかけてくるような一部の人へのもので、サポーター全員に
言っているわけではない」と説明。笹原氏は「ミュージカル、映画にもなった『くたばれヤンキース』から来た発言。そんなにキツい言葉ではないというのが
上西事務所としての共通見解です」と補足した。

 これに対し、MCの国分太一(42)は「その説明がないと(発言の真意は)分からないですよ」と指摘。同じくMCの真矢ミキ(53)が
「アイドルとマネジャーのように、発信する前にチェックしたりできないんですか?」に尋ねると、笹原氏は「彼女の持ち味が消えてしまう。(炎上を)フォローするのが私の仕事」
と放任する考えを示した。

 納得できない漫画家の倉田真由美氏(46)から「一部の人に向けたというけれど、くたばれ発言で傷ついた人は多い。その人への謝罪はないんですか」と聞かれると、
上西氏は「私が言われた言葉からしたら、くたばれなんてそんなにキツい言葉ではない」と答えた。

 さらに上西氏は一連の発言について「個人の自由だし、(サッカーの)専門家ではないし、こんなに注目される理由が分からない」
「いい試合、悪い試合というのは自由に言わせてほしい」「当たりさわりのない言葉を使うのは簡単だけど、伝わらない。政治の部分ではもっと過激な言葉を使う」
などと持論を展開。政治活動では「伝えるためだったら、何でもします」と言い切った。

 そして、一連の炎上騒動について「私みたいな議員は“お騒がせ”ばかり取り上げられがちですけど、国会質問に何度も立たせていただいております。
仕事はきっちりさせていただいている。お騒がせばかりがメディアに取り上げられるのは、私の努力不足なので、もっと前にいかなければと思います」と
コメント。「サッカーに対して、これ以上私が発言することはないが、レッズさんとはお話する環境をつくっていただきたい」と浦和側に改めて要求した。 

 また、政治家としての今後について「今は高度成長期と違っていろんなところにお金をばらまけるわけではない。それを国民にしっかり伝える。お金を使う
優先順位をつけていくことが大事だと思う。国際貢献の名のもとに多額のお金が外国に流れていますが、それでは日本国内で大変な思いをしている人が
報われない。国際貢献は、結局返ってくるという人もいますが、あれはお金持ちのための仕組みなんです。それをぶっ壊していかなければいけないと思います。
官僚にだまされないで、しっかり自分の意見が言える政治家として、これからも頑張っていきたい」と述べた。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000005-tospoweb-socc



続きを読む
最新コメント