SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

ブックメーカー各社はアメリカ優勝予想が優勢

:ニーニーφ ★@\(^o^)/ :2015/07/03(金) 10:02:03.90 ID:???

ブックメーカーは米国Vが優勢 日本を上回る1・91倍に

決勝は日本−米国に決定。これを受けてブックメーカー(賭け屋)最大手の
「ウィリアムヒル」(英国)は、米国優勝の予想が1・91倍で
日本の3・75倍を上回った。英政府公認の「bet365」でも
米国が優位で、日本の4・5倍に対して1・8倍となった。
http://www.sanspo.com/soccer/news/20150703/jpn15070305000014-n1.html


続きを読む

川澄、決勝オウンゴール“誘発”のクロスに「大儀見と岩渕がいたから…」

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/07/02(木) 15:09:29.44 ID:???

女子W杯カナダ大会・準決勝(1日、日本2−1イングランド、エドモントン)2連覇を目指す「なでしこジャパン」(FIFAランク4位)が、イングランド(同6位)と準決勝で対戦。
日本は、1−1の後半ロスタイムに相手のオウンゴールで決勝点を奪い、2−1勝利。日本は、5日(同6日)の決勝で2大会連続で米国と顔を合わせる。

後半ロスタイム、決勝オウンゴールを呼び込んだのは、右サイドのMF川澄奈穂美のアーリークロスだった。
「サイドバックが後ろにいたので、仕掛けていった」と、右サイドでボールをもらうと、駆け上がってゴール前に鋭いクロスを一蹴。
クリアを試みたイングランドのDFバセットの足にあたり、ボールはバーを直撃してからゴールインとなった。

川澄は「ゴール前に大儀見と岩渕がいてくれたので、結果的にああいうふう(オウンゴール)になったと思う」とコメント。
前回大会も準決勝のスウェーデン戦で2得点を挙げた川澄が、今回も準決勝でいい働きをみせた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000523-sanspo-socc
サンケイスポーツ 7月2日(木)13時48分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000523-sanspo-socc.view-000



続きを読む

英紙デイリー・メール「日本のラッキーな勝利」「ファウルはエリア外だった」

:れいおφ ★@\(^o^)/ :2015/07/02(木) 17:15:59.61 ID:???

疑惑の判定

女子ワールドカップ準決勝の日本対イングランド戦は1日(日本時間2日)、
カナダ・エドモントンで行われ、2-1でなでしこジャパンが勝利した。
このゲームを、英紙「デイリー・メール」は「日本のラッキーな勝利」と伝えている。

ラッキーと報じる根拠として、記事では決勝点がオウンゴールだったことに加え、
前半32分に宮間あや(岡山湯郷)が決めたPKのシーンを挙げている。

阪口夢穂からのロングパスに抜け出した有吉佐織(共に日テレ)が、
イングランドDFラフェルティに倒されたシーンでレフェリーはPKを与えた。
だが、これに対して「異論の多いもの」として異議を唱えて いる。
TV中継の画像のスクリーンショットを掲載し、
ファウルがあった地点がペナルティーエリアの外だったと主張しているのだ。

一方で、前半40分にイングランドに与えられたPKについては、
DFステフ・ホートンに対する大儀見優季(ヴォルフスブルク)のプレーが
ファウルと裁定されたとのみ伝えている。

昨日の準決勝アメリカ対ドイツでも、アメリカに与えられたPKの場面で、
今日の判定と同様に接触があった場所がペナルティーエリア外だったのではないかと議論になった。
トップスピードに乗った選手たちが接触した地点を正確に判定するのが困難なのは事実だが、
大会の終盤にきて疑惑の判定が続いてしまっているのは事実だ。
決勝戦では、議論の残らない清々しい試合で決着がつくことを 期待したい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150702-00010011-soccermzw-socc

日本PKファウル



イングランドPKファウル



続きを読む
最新コメント