SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

ハリル監督、内田の状態に「少し心配。」…シャルケとの関係も再構築が必要か

:casillas ★@\(^o^)/ :2015/05/11(月) 16:28:31.42 ID:???

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が11日、翌日から千葉県内で行われる日本代表候補合宿スタートを前にメディア対応を実施。ヨーロッパ視察の成果について語った。

 4月18日から約3週間にわたるヨーロッパ視察で、「ドイツでプレーするほとんどの代表選手と会うことができた。会食には吉田麻也(サウサンプトン)や川島永嗣(スタンダール・リエージュ)も来てくれた。
高いワインを2本も空けてしまったので、試合に勝って返してくれるはず」と笑いを誘ったハリルホジッチ監督だったが、
「けがの治療で参加することができなかった」という内田篤人(シャルケ)に関する話題には声のトーンが落ちた。

「内田に関しては少し心配している。パリのドクターとコンタクトを取って客観的な意見を聞くように依頼しているが、シャルケがなかなかOKしてくれない」

 所属のシャルケでは右ひざ負傷でベンチ外が続いている内田。
シャルケでベンチ入りに留まっていた状況ながら3月の日本代表合宿に参加し、同27日のチュニジア戦で実戦復帰したが、
ドイツへ戻ったあとに古傷が悪化。日本のドクターが手術を勧める一方、クラブ側は保存療法を選択しており、代表チームとシャルケの間で治療方針に相違が生じている。

「長い時間を掛けてスタッフと話をしてきたが、最後は彼が自分で決めると思う」としたハリルホジッチ監督。
ドイツ・ブンデスリーガで世界の屈強な選手たちと互角以上に渡り合ってきた選手だけに、指揮官の構想でも重要な位置を占めることは間違いない。
シャルケ側とのコミュニケーションを深めることも平行して必要となるかもしれない。今はとにかく日本が誇る右サイドバックの回復が待たれるばかりだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150511-00311475-soccerk-socc


続きを読む

ハリル監督 日本人GKに注文連発「もっと叫ぶ声を聞きたい」

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/05/12(火) 05:50:35.58 ID:???

ハリルホジッチ監督 国内合宿前日会見 (5月11日)

ハリルホジッチ監督が日本人の全GKへの注文を連発した。

今合宿はGKの6人招集を検討していたが、故障者が出た影響などで実際に選出したのは4人。
意識改革に着手する方針で「空中戦で存在感を出してほしい。
失点しそうな時のコミュニケーションが足りない。私が逆サイドにいる時にGKが叫ぶ声を聞きたい。
一般的にGKはあまりフィジカルトレーニングをしない」などと指摘した。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/05/12/kiji/K20150512010333120.html
2015年5月12日 05:30

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/05/12/gazo/G20150512010334690.html
会見で日本人全GKへの注文を連発したハリルホジッチ監督



続きを読む

武藤 今夏マインツ移籍決定的!クラブ間基本合意 即戦力の評価

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/05/12(火) 05:46:52.09 ID:???

FC東京の日本代表FW武藤嘉紀(22)に関し、今夏の移籍先最有力候補に挙がっていたドイツ1部マインツとFC東京が、
クラブ間で大筋合意に達したことが11日までに分かった。
武藤もマインツとの交渉で条件提示を受けており、最終決断を残すのみ。
18年W杯ロシア大会を見据えて試合に出場できるクラブを最優先に
ドイツでのプレーを希望しているだけに「マインツ武藤」誕生は秒読みとなった。

武藤の新天地がマインツに落ち着きそうだ。マインツ関係者の話を総合すると、昨季ブレークした武藤に早くから注目していたマインツは先日、
幹部を日本に派遣。武藤との交渉で来季即戦力の評価を与えた。
年俸はプロ2年目の今季の3倍ともみられる額を提示したもよう。FC東京に対しても
移籍金として推定300万ユーロ(約4億200万円)を用意。
この日までに「両クラブ間で合意した」という。

日本代表に定着した武藤には、これまでにチェルシーをはじめ
ザルツブルク(オーストリア)など多くの欧州クラブが獲得に名乗りを上げた。
中でも、いち早く正式オファーを出したチェルシーは5年契約を提示。武藤自身も当初はプレミアリーグの名門からのラブコールに心は大きく揺れたという。
ただ、世界各国のスターがそろうチェルシーで定位置を奪うのは容易ではない。
18年W杯ロシア大会を見据え、試合に出られることを最優先に考えていたため、チェルシーのオファーは断っていた。


そうした中、日本代表のハリルホジッチ監督もマインツ移籍に“同調”した。
代表メンバーの選考に関し「所属クラブで試合に出場していること」を重要なポイントに挙げている同監督は、
12日からの国内組による日本代表候補合宿(千葉県内)の前に武藤の移籍についても言及。
「チェルシーがどのようなオファーをしたか知りませんが、もし向上したいのであれば(チェルシー以外に)
欧州でプレーできるクラブを探すべきですね」と話した。

マインツは今夏に移籍する可能性がある岡崎の去就に関係なく武藤獲得を強く希望しているだけに、新天地でも定位置を確保する可能性は高い。
堅守速攻のスタイルもFC東京と似ており、すぐになじめるとみられる。移籍先としてはまさに理想的なクラブと言える。

移籍決定は時間の問題となってきたが、武藤本人は「FC東京のタイトルに貢献したい」とまずはJ1ファーストステージ優勝へ向けて全力を注ぐ構え。
プロ2年目で日本サッカー界の宝と言える存在にまで成長したFC東京のエースは、
優勝を置き土産に、ドイツ経由でロシアを目指すことになる。

▽1.FSVマインツ05 1905年、ドイツ中西部のマインツを本拠に創設。
2003〜04年に2部3位となり、創設100年目の翌シーズンに初めて1部昇格。
その後2部に降格したが、08〜09年に2部2位で1部に再昇格してからは1部に定着。
開幕7連勝した10〜11年には過去最高の5位と躍進し、11〜12年欧州リーグ出場(3次予選敗退)。
13年から日本代表FW岡崎も所属している。主なタイトルはなし。
ホームスタジアムはコファス・アレナ(3万4000人収容)。マルティン・シュミット監督。


http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/05/12/kiji/K20150512010332690.html
2015年5月12日 05:30


続きを読む
最新コメント