SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

サッカー日本代表リオ五輪世代の今季成績

729 :U-名無しさん@実況・\(^o^)/です :2015/05/11(月) 03:46:57.64 ID:DEfO5vLQ0

リオ五輪世代の今季の成績 ()内は先発出場数

浅野拓磨   2G 2A 9(2)試合
関根貴大   2G 2A 9(6)試合
野津田岳人  2G 0A 6(2)試合
小屋松知哉  1G 0A 9(4)試合
喜田拓也   0G 1A 8(5)試合
矢島慎也(J2) 2G 1A 9(4)試合

鈴木武蔵   0G 0A 8(2)試合
中島翔哉   0G 0A 5(1)試合
豊川雄太   0G 0A 2(2)試合
荒野拓馬(J2) 0G 0A 8(7)試合
原川力  (J2) 0G 0A 5(3)試合



続きを読む

「遠藤塾」スタートで遠藤保仁ら“遠藤3兄弟”が全員集合(画像あり)

876 :U-名無しさん@実況・\(^o^)/です :2015/05/11(月) 21:06:29.38 ID:TnEjd4m+0

遠藤塾



続きを読む

バイエルン時代、ずっと家でゲームばかりしていた宇佐美を救った妻の言葉

:動物園φ ★@\(^o^)/ :2015/05/10(日) 22:40:26.12 ID:???

失意の宇佐美貴史を救った妻・蘭さんの言葉

2015年5月10日 18時0分

Sports Watch
9日放送、「Going! Sports&News」(日本テレビ)では「密着 サッカー日本代表の妻 代表入りを支えた言葉」と
題し、ガンバ大阪・宇佐美貴史を支える妻・蘭さんの言葉を紹介した。

中学時代からの幼馴染でもある二人。2011年6月、宇佐美は19歳でドイツ・ブンデスリーガの名門バイエルンに移籍
しており、これと同じタイミングで蘭さんと入籍した。それはタレントとして活躍し始めた蘭さんにとっても大きな
転機であった。

「自分の中で優先順位を考えた時に一番は彼をそばで支えることが大切に思った」と振り返った蘭さんは宇佐美と
ともにドイツに渡るも、夫に待っていたのは世界的ビッグクラブに埋もれ、試合に出れない失意の日々だった。

「サッカーが楽しくないってよく言ってたので基本的に毎日暗かった。ずっと家でサッカーのゲームばかりしていて、
本当に病的にしていたのでちょっとヤバいかもしれないって思いました」。

当時の様子をこう語った蘭さんは、宇佐美にある言葉をかけたという。

その言葉を「“自分の印象を決めるのは他人やねんから、他人にいい印象を与えられるように努力すればいいん
じゃないの?”って言われました」と明かした宇佐美は「ドーンと響いた部分があった」とも。以後自分の努力
すべきことに集中するようになる。

その後の活躍は周知の通りだろう。2013年、ガンバ大阪に復帰すると昨シーズンはクラブトップの公式戦21ゴール。
今年3月には日本代表でも待望の初ゴールを決め、先月末にはクラブタイ記録となる6試合連続ゴールを叩き込むと
スタンドの妻に向かって左腕を掲げた。

試合後、番組のカメラに「持ってますね。こっち(妻が)が持ってます。助かってます」と照れくさそうに感謝した
宇佐美は、今後の目標を訊かれると「一番の大舞台(W杯)で楽しくサッカーやってるところを見せたい」と意気込んだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10095946/



続きを読む
最新コメント