SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

佐々木監督「実はGK山根が肩を軽く脱臼していた。できる状態には戻っているが大事をとって。海堀がよく準備してくれた」

:備長炭Z ★@\(^o^)/ :2015/06/24(水) 23:27:56.24 ID:???

GK山根が肩脱臼 佐々木監督が明らかに

 サッカー女子の日本代表を率いる佐々木監督は23日、GKの山根(千葉)が
肩を脱臼していたことを明らかにした。バンクーバーで同日行われた
女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の決勝トーナメント1回戦、
オランダ戦後の記者会見で「軽い脱臼」と説明した。準々決勝以降の起用については、
大きな影響はないとみられる。

 オランダ戦は海堀(INAC神戸)がゴールを守った。

産経ニュース 2015.6.24 20:11更新
http://www.sankei.com/sports/news/150624/spo1506240033-n1.html
画像:オランダ戦の試合前練習には参加していたGK山根恵里奈=23日、カナダ・バンクーバー(撮影・岡田亮二)




GK山根の負傷を明かす佐々木監督「海堀がよく準備してくれた」

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の決勝トーナメント1回戦が23日に行われ、
オランダ女子代表と対戦したなでしこジャパンが2−1の勝利を収め、ベスト8進出を決めた。

 佐々木則夫監督は今大会、グループステージの3試合で
GKに山根恵里奈、海堀あゆみ、福元美穂の3選手をそれぞれ起用してきたが、
オランダ戦では海堀を先発に選んでいる。

 試合後の取材でGKの起用について問われた佐々木監督は
「じつは山根が肩を軽く脱臼していたんです。できる状態には戻っているけれど、
大事をとって」と、山根が負傷していたことを明かした。

 そして「海堀がこの1週間よく準備してくれたので。
コーナーキックからすごいセービングしたでしょ。いい反応で防いでくれました」と、
先発起用に応えた海堀に賛辞を送っている。

サッカーキング 2015.06.24. 16:42
http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20150624/325110.html
画像:オランダ戦に先発出場した海堀



<関連スレ>
【女子サッカー/W杯】オランダ戦で胸トラップ失敗で失点し落ち込む海堀を大野がケア 試合を通じて見れば、海堀は素晴らしいプレーを見せた
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1435129050/
【女子サッカー】W杯16強 なでしこが有吉・阪口弾でオランダを2-1で下し2大会連続8強進出!豪州と対戦へ 海堀、軽率ミス 観衆2万8717人★5
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1435140429/


続きを読む

オランダ監督、なでしこに脱帽「スペース与えてくれなかった」

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/06/25(木) 06:10:29.70 ID:???

女子W杯カナダ大会・決勝トーナメント1回戦(23日、日本2−1オランダ、バンクーバー)来年のリオデジャネイロ五輪出場権獲得を今大会では逃した。
欧州は女子W杯を五輪予選に位置づけ、出場枠は3。ドイツ、フランスとともに準々決勝に進めば出場が決まっていた。「目標に届かなかったのは残念。
日本はプレーが素早く、スペースを与えてくれなかった」とライナース監督。
残り1枠は決勝トーナメントに進出したオランダ、ノルウェー、スウェーデン、スイスによるプレーオフで決まる。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20150625/wor15062505010001-n1.html
2015.6.25 05:01



続きを読む

[なでしこ]阪口の決めたゴールをアメリカメディアが称賛

:ゴアマガラ ★@\(^o^)/ :2015/06/24(水) 22:01:24.22 ID:???

現地時間23日に行われたサッカー女子W杯カナダ大会の決勝トーナメント、ラウンド16で日本はオランダと対戦し2-1で勝利した。
なでしこジャパンの試合結果をイギリス、スペイン、アメリカのスポーツメディアなどが報じており、
中でもアメリカメディアは78分に奪ったMF阪口夢穂の追加点を称賛した。

10分にDF有吉佐織のゴールで先制に成功した日本だったが、シュートを放つもののなかなか追加点が挙げられず。
猛攻がようやく実を結んだのは78分、日本は連携したパスワークから追加点を奪う。FW大儀見優季のヒールパスを受けたMF宮間あやが中央へ折り返すと、
FW岩渕真奈がスルーして相手のDFを引きつける。後方でボールを受けたMF阪口がミドルシュートを突き刺さした。

この場面をアメリカメディア『スポーツナビイラストレイテッド』では「華麗なコンビーネーションプレイ、
日本は究極の連携でゴールを記録」と称賛。また『ブリーチャーリポート』では「18ヤードを越えるビューティフルゴール」と称え、
ニュースに寄せられたコメントでは「優れたチームワーク、男子よりも優れているのでは」、
「素晴らしいゴールだ。女性版ベッカムだと言っても大丈夫?」という意見も見られた。

試合終了間際に放たれたキルステン・バン・デ・ヴェンのヘディンシュートは、GK海堀あゆみの手元でバウンド。
普段とは異なる人工芝のバウンドに苦戦して見当を誤り、失点を許した。リードした状態での試合に運びに不安を残すものの、
日本は現地時間27日、準々決勝ではオーストラリアと対戦する。

準々決勝の組み合わせは以下のとおり。

ドイツVSフランス
中国VSアメリカ
オーストラリアVS日本
イングランドVSカナダ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00010018-theworld-socc


続きを読む
最新コメント