SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

ブラジルはネイマール処分に異議申し立てへ ドゥンガは「サッカーが好きなら彼を見たいはず」

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/06/21(日) 06:09:12.62 ID:???

ブラジル代表のドゥンガ監督は20日、FWネイマールに対する処分への落胆を表し、
ブラジルサッカー連盟(CBF)が異議を申し立てるとの見通しを明かした。

ネイマールはコパ・アメリカのグループC第2節コロンビア戦で、試合後に相手選手たちといさかいを起こして退場。4試合の出場停止を命じられた。

21日の最終節でベネズエラと対戦するドゥンガ監督は、前日会見で次のように述べている。コパの公式ウェブサイトが伝えた。

「ネイマールはサッカー界のビッグスターだ。彼に対する注目も大きい。サッカーが好きな人なら誰でも、彼がピッチにいるのを見たいはずだ。
リオネル・メッシやアンヘル・ディ・マリア、アレクシス・サンチェスがそうであるようにね。
ネイマールがいればよりクオリティーが高くなり、ショーもより良いものとなる」

「我々はCBFに委ねるよ。彼らが議論するだろう。我々は自分たちを有利にしてほしいとは思っていない。ただ全員に対して平等なジャッジにしようというだけだ」

処分が確定すれば大会の最後まで出られないネイマールだが、チームに残すかどうかについては次のように述べている。

「選手が決める。我々は選手たちを男として扱っているんだ。彼らが決めなければいけない。彼が残るのが良いことかどうかを我々は考えなければいけない。
助けになるのかどうかは分からないよ。我々がここにいてほしいのは、少年ではなく男だけだ。彼らは世界重要でブラジルを代表しているんだよ。決めるのは彼らだ」

代役のキャプテンについては、まだ決めていないと述べた。

「チームにとって何が機能するのかを見るために、いくつかの選択肢にトライする。明日決めるよ。キャプテンは試合前に分かる」

コロンビア戦で敗れたことで、グループCは全4チームが横並びの状態。
そのなかでネイマールを失ったブラジルだが、ドゥンガ監督は次のように強調している。

「我々が心配しているのは明日の試合のことであり、できるだけ良い仕事をし、解決策を見つけたいと思っている。
誰だって勝ち進みたいものだが、サッカーは理論じゃなく、実践なんだ。私はポジティブな方向へ向かっている。
我々にはチームがあり、進むだけの条件もそろっているんだよ」

「この試合だけでなく、今後も我々は苦しむだろう。成熟ぶりを見せなければいけない。うまくいかないときでも変えられるということを知っているとね。
1試合敗れたからといって、すべてが終わったわけじゃない。バランスを見出す必要があるだけだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000032-goal-socc
GOAL 6月21日(日)6時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000032-goal-socc.view-000
'ドゥンガ、ネイマールへの処分に…'


続きを読む

楽天モバイルの新CMに本田圭佑が登場…6月22日放送開始

:太鼓 ★@\(^o^)/ :2015/06/22(月) 11:38:59.77 ID:???

楽天モバイルの新テレビCM「ブランド」篇に、日本代表の本田圭佑が起用されることが発表された。新CMは本日6月22日から放送される。
楽天モバイルは、新しいスマホサービスの挑戦と、常に真剣勝負で世界を相手に戦い続ける
本田の「真っ向勝負」の姿勢が繋がり、CM起用を決めたと説明している。
撮影は、イタリアのミラノにあるスタジオで行われた。本田は、黒シャツ、黒ネクタイのシックな
スーツ姿で登場。マシンを使って何度も全速力で走ったり、狙いを定めてボールを蹴ったりと、
撮影も“真っ向勝負”で行われたという。

SOCCER KING 6月22日(月)11時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00324497-soccerk-socc

楽天モバイルの新CMに登場する本田圭佑



続きを読む

サッカー中継解説に違和感…松木の相棒ゴン中山が機能せず

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/06/21(日) 08:08:32.47 ID:???

女子がワールドカップで決勝トーナメントに進出し、男子が2次予選スタートとサッカー中継が盛り上がった。
試合結果は明暗がクッキリと分かれたが、では、中継の解説はどちらが勝ちか?

女子は例えばスイス戦で、なでしこはすぐボールを奪われたり、決定的な場面でシュートを外したりしていたのに、
フジテレビの解説は批判せず、どちらかというと褒めてばかり。
加藤與恵と山郷のぞみの元選手2人は、選手にもテレビ局にも気を使いすぎだ。
その上、知名度もしゃべり方も地味。OGを出すならもっと知名度で人選してほしい。

逆に派手で、若干盛り上げすぎなのが男子。強化試合も2次予選初戦も担当したテレビ朝日の松木安太郎&ゴン中山のコンビだ。
松木の解説はおもしろく、かつわかりやすいとネット上で評判だが、試合展開によってはスタイルが変わる。

4対0の楽勝だったキリン杯のイラク戦では「ヨッシャー!」と喜びを連発、終始明るかった。
走り回るよりボールを回したほうがいいという話の時には「ボールはどんなに走っても疲れないからね、はっはっは!」と定番のオヤジギャグも飛ばした(アナウンサーはスルー)。

が、引き分けたシンガポール戦では、「よーし、いいボール上がるぞ〜」「あー!」と解説ではなく応援目線になり、
点が入りそうで入らない後半は「サイド! サイド! サイド!」「今度は右から!」「ファウルだよ今の!」と監督目線の独り言と化した。熱い人だなぁ。これぞ松木節。

ところが、もうひとりのゴンが松木の子分みたいで気になる。
途中から「サイド、サイド、サイド、ですね」と同意したかと思うと、松木が「(シュートを)打ってほしかったぁ!」と言うと、ゴンは「そうですね!」とイエスマンと化してしまった。

解説を2人置くのは違う目線で意見を言ってもらうのが本来の目的なのに、ゴン、同じじゃ意味ないだろう

日本はどのスポーツでも“先輩の解説者を立てる”という無難な態度が見られる。
しかし、落合(元中日監督)は解説者時代、同席の先輩にかまわず持論を展開したものだ。
解説は男子の勝ちだが、解説者は男女とも人選に工夫が必要。果たして、松木の“相棒”にはだれがいいのか。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/160976
2015年6月21日



相棒はダレがいい?(C)日刊ゲンダイ


続きを読む
最新コメント