SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

セルジオ越後コラム張本さんの意見は日本のマスコミ、サッカー評論家に「仕事しろ」ということじゃないか

:Pumas ★@\(^o^)/ :2015/04/22(水) 14:56:02.91 ID:???

セルジオ越後コラム:張本さんの意見は日本のマスコミ、サッカー評論家に「仕事しろ」ということじゃないか

カズは19日に行われた長崎戦でも得点し、最年長得点記録を48歳1か月24日まで伸ばした

 カズ(三浦知良)が4月に2ゴールを決めた。最年長得点記録を更新したとメディアが騒いでいる。だが、48歳であれ、20歳であれ、
一人のFWが1点、2点取っただけで騒ぐのはいかがなものか。5点取ってもクビになるFWもいる。
48歳で得点していることは確かに凄いことなのかもしれないが、彼はこの5シーズンで10点も取っていない。
野球の解説者である張本さんが「もう辞めなさい」と言っていることもボクは間違っているとは思わない。

 現役でいられるかどうかは結果で評価しなければならない。若い人は結果が出なくてクビ切られて、
「年取った人は大丈夫」ではいけないだろう。カズ自身、京都の時には17点取ってもチームがJ2に落ちて戦力外になっている。
プロのFWはゴールを決めてチームを勝たせて評価されるものじゃないのか。48歳が決めたから凄いじゃなくて、
一人のプロのFWとしてしっかりと評価して欲しい。結果が出ていないFWが契約され続けて、48歳で取って記録作っているのはあくまで“興行”。
もっと優勝狙うチーム、上位を狙うチームであればこういうことはできない。ボクは張本さんが言っている意見をサッカー界が言えないことが問題だと思う。
セルジオ越後コラム:張本さんの意見は日本のマスコミ、サッカー評論家に「仕事しろ」ということじゃないか

野球解説者の張本勲氏。情報番組での発言が波紋を広げた

 カズに責任はないよ。雇うか、雇われるかは横浜FCと彼の問題。だが、もっと数字出している選手がクビになっているんだから、
特別扱いしない方がいいと思う。だって、FWとして少なすぎない? 3点、4点取っている選手はJ2にだってもっといるよ。
カズが点を取ってサポーターも嬉しいだろうけれど、チームの勝利には繋がっていなくてJ1へ上がれないのが現実。
サッカーメディアはそれを指摘していない。張本さんの意見は日本のマスコミ、サッカー評論家に「仕事しろ」ということじゃないか。

 サッカーメディアは日本代表のハリルホジッチ監督に結果を求める一方で、“興行”を盛り上げてしまっている。
同じプロの世界でこんなに温度差があっていいのか。残念ながら、ハリルホジッチ監督がカズを日本代表に選ぶことはないだろう。
“興行”にこれほど騒ぐことはないよ。日本がもっと強くなるためにメディアはもっと考えた方がいい。

ゲキサカ 4月22日(水)14時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00010000-gekisaka-socc


続きを読む

スピード感ないJリーグ チーム数増やしすぎた弊害だ

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/04/22(水) 11:20:57.41 ID:???

【武田修宏の直言!!】
日本代表の戦いも一段落したなかで、鹿島のMF柴崎岳(22)が「もっとJリーグも速いテンポでやらないといけない」と発言したのが話題になったね。
ハリルホジッチ監督が感じた日本の欠点。柴崎の危機感の表れがよくわかる発言だけど、これは本当に同感だよ。

Jリーグのスピード感のなさは私も以前から言っていたこと。
それを選手が公の場で口にしたことは意義深い。今のJリーグはプレースピードの遅さに加え、接触プレーにも弱い。
でも、これは選手のレベルの問題ではなく、Jリーグの構造や経営の問題からくる要素だと思う。

Jリーグが発足した当初は10チームだったが、今はJ3のU―22選抜まで入れると53チームもある。
強さを求めることよりも、チームを維持するのに精一杯というクラブもある。
当然、戦い方にバラつきも出てくるわけで、とにかく勝ち点が欲しいチームはプレーのテンポなど度外視で試合を進めがちだ。

格下と見られるチームは、あえてスピードダウンさせるサッカーを展開することで勝ち点奪取を狙う。
そうなると、格上のチームもそれに付き合わされる。これでは柴崎の理想とは程遠い試合が増えるのも無理はない。

これこそがJリーグがチーム数を増やしすぎたことの弊害だ。
日本サッカーのレベルアップのためには2ステージ制の復活ではなく、
10チーム程度のプレミアリーグ制導入のほうがはるかに有効。Jリーグにはこんな議論を本気でしてもらいたいものだ。

(元日本代表FW)

☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。
静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。
名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。
Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。
00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。
01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。
JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。
93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00000010-tospoweb-socc
東スポWeb 4月22日(水)11時8分配信


続きを読む

岡崎慎司 ドルトムント移籍の可能性

:Pumas ★@\(^o^)/ :2015/04/22(水) 11:42:06.12 ID:???

来季からドイツ1部ドルトムントの新監督に就任するトーマス・トゥヘル氏(41)が、
昨季まで指揮したマインツから4人の愛弟子たちの獲得を狙っていると、ドイツ紙「ビルト」が報じた。

そのターゲットには、今季マインツで12得点の日本代表FW岡崎慎司(29)の名前も挙がっている。
同紙は「マインツのクリスティアン・ハイデルGMが(ドイツ)国内移籍を否定している。

ドルトムントは1000万ユーロ(約12億8000万円)をはるかに超える移籍金を支払わなければならないだろう。
可能性は20%だ」と岡崎の去就を分析した。

また、トゥヘル新監督が岡崎ら選手4人を獲得する場合、
ドルトムントが支払う移籍金は総額3500万ユーロ(約45億円)に達すると算出している。

東スポWeb 4月22日(水)11時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00000008-tospoweb-socc



続きを読む
最新コメント