SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

ハリルホジッチ監督による選手評&6月シリーズのスタメン予想!

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/06/01(月) 22:22:24.64 ID:???

6月1日、イラクとの親善試合(同11日/日産スタジアム)、2018年ワールドカップ・アジア2次予選のシンガポール戦(同16日/埼玉スタジアム2002)に臨むメンバー25名が発表された。

<選出メンバー>
GK/川島永嗣(スタンダール/ベルギー)、西川周作(浦和)、権田修一(FC東京)、東口順昭(G大阪)

DF/酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)、酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)、長友佑都(インテル/イタリア)、
太田宏介(FC東京)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、丹羽大輝(G大阪)、槙野智章(浦和)、森重真人(FC東京)

MF/長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、柴崎岳(鹿島)、山口蛍(C大阪)、谷口彰悟(川崎)、
香川真司(ドルトムント/ドイツ)、清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)

FW/本田圭佑(ミラン/イタリア)、原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)、宇佐美貴史(G大阪)、
武藤嘉紀(FC東京)、岡崎慎司(マインツ/ドイツ)、大迫勇也(ケルン/ドイツ)、川又堅碁(名古屋)

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下での初招集は今回、原口元気ひとりと3月シリーズのメンバーから大きな変化はなかった。
選出選手の評価にも及んだ会見要旨をポイントごとにまとめ、さらにスタメンを予想してみた。

<メンバー発表の会見要旨>

●今回の代表合宿について
「各国リーグの日程が違うので、少し難しい問題があります。5月23日に終えている選手もいれば、長友や本田のように試合を消化して間もない選手もいます。
コンディションがバラバラという意味での難しさがあります。6月1日から8日にかけて、選手を合流させます。1グループ、2グループ、3グループとあって、4グループ目が国内組になります。
 今回はかなり個人的なトレーニングをします。そのうえで、イラク、シンガポールとの連戦を激しく戦いたい。
我々の目的は2試合に勝つこと。特にワールドカップの予選では野心を見せて戦っていきたいと思います」

●これまでの視察について
「J1、J2、J3を含めて116試合、ナビスコカップを28試合、ACLを24試合。ヨーロッパでの3試合も併せると、171試合。
これが私とスタッフがライブで見た試合のトータル数です。さらに349試合をビデオで観ました。
昨日も2試合見たので、ここに足しておいてください。ライブとビデオを合わせて約520試合。
私が言いたいのは、スタッフがみんな一生懸命に仕事をやってくれているということです」

●ワールドカップ予選への意気込みについて
「勝つ文化を伝えたい。メンタルの強さ、タクティクスの優秀さなどを確認できるのは、アウェーです。
『ヴィクトリー』と言葉にするのは簡単ですが、アウェーで勝つためのトレーニング、コミュニケーションをやっていかないといけない。
ワールドカップの予選を戦ううえで、勝ちたいと思う気持ちはかなり重要です。それを最初の試合(6月16日のシンガポール戦)で見せたいです。
日本にはワールドカップに行く野心があるぞというところを」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150601-00010003-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 6月1日(月)21時0分配信


続きを読む

ネイマール、トリックプレーへの批判に反論!「スタイルは変えない」 譲れないサッカー王国の美学

:Pumas ★@\(^o^)/ :2015/06/01(月) 21:15:28.48 ID:???

譲れないサッカー王国の美学

バルセロナのブラジル代表FWネイマールは、現地時間の30日、アスレチック・ビルバオとの国王杯の決勝で、
3-1とリードした後半42分にヒールリフトを披露した。

だが、相手DFに激突し、突破は失敗に終わった。

相手DFはネイマールの相手をおちょくるようなプレーに激高し、ネイマールに詰め寄る一幕もあったが、
ネイマールは自身のスタイルを貫く構えのようだ。スペイン地元紙「スポルト」が報じている。

ブラジル代表のエースは、こう語った。

「誰かが怒るかもしれない。でも、これが僕のスタイルで何年も好んで続けてきた。
誰かが怒ったとしても僕は自 分のやり方を変えるつもりはない。これはフットボールだ。みんなの反応は信じられない」

試合は、そのネイマールが1得点、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2得点を決めてA・ビルバオに3-1と勝利。リーグと合わせて、今季2冠を達成した。
 
前線で共にプレーするメッシについては、「レオはスペクタクル。彼はスーパースターで僕にとって世界最高の選手。
このチームで、彼のような選手と一緒にプレーできるのは本当に栄誉なこと」と、賛辞を贈った。
 
今季も残すはユベントスとのチャンピオンズリーグ決勝のみとなった。互いに国内リーグ、カップとの3冠を懸けた頂上決戦で、
ネイマールはどのようなプレーを魅せてくれるのだろうか。

Soccer Magazine ZONE web 5月31日(日)13時43分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150531-00010004-soccermzw-socc


続きを読む

ファン離れを危惧・・・FIFA汚職 川淵三郎氏「内部浄化作用が働かない組織だから正直よかった」

:モニキ ★@\(^o^)/ :2015/06/01(月) 19:53:36.38 ID:???

日本サッカー協会の川淵三郎・最高顧問は29日、東京都内で取材に応じ、
FIFAの汚職事件について「ようやく手が入ったかと感じている。
内部の浄化作用が働かない組織だから、
大きく変わるきっかけを与えられて、正直よかったなと思う」と感想を述べた。

 以前から組織の体質に問題意識を持っていたと言う川淵氏は
「ガバナンス(組織の統治)で、あってはならない点を追及されている。黒とは言わないけど、
完全にネズミ色の印象を持たれる」と述べ、ファン離れを危惧した。【藤野智成】

http://mainichi.jp/shimen/news/20150530ddm035050063000c.html


続きを読む
最新コメント