SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

<Jリーグ>50クラブのクラブ経営情報を開示!事業規模は約930億円で、約55億円増加!債務超過のクラブはなし

Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 12:59:31.13

Jリーグは26日、16年度のクラブ経営情報を開示した。J1、J2、J3の全53クラブのうち、3月決算である柏、磐田、J3・YS横浜を除く50クラブが対象。J1、J2、J3合計の事業規模は約930億円で、15年度から約55億円増加。11年度以降6年連続の増加となった。営業費用は約915億円で、約53億円の増加。クラブライセンスが不交付となる3季連続赤字、債務超過のクラブはなかった。

 クラブ別の事業規模は浦和が約66億円で最大。鹿島が約56億円、G大阪が約51億円で続いた。昨季のJ1で最も営業規模が小さいのは甲府で約15億円だった。チーム人件費は浦和が約24億円で最高。神戸が約21億円、FC東京が約20億円で続き、クラブW杯で準優勝した鹿島は約19億円だった。

 Jリーグは今季から動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」を提供する英パフォーム・グループと10年2100億円の放映権契約を締結。賞金や各クラブへの配分金は大幅増となるが、Jリーグの青影宜典クラブライセンスマネジャーは「16年度がスタートする段階ではダゾーンとの契約は決まっていなかった。影響が大きく出てくるのは今シーズンからではないか」と説明した。

スポニチアネックス 5/26(金) 12:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000095-spnannex-socc



続きを読む

C・ロナウドにも疑惑浮上、10億円超を脱税か…有罪確定メッシの倍額

あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 13:24:18.70

SOCCER KING 5/25(木) 12:57配信

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに続いて、レアル・マドリードの
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにも脱税疑惑が浮上しているようだ。スペイン紙
『マルカ』が25日、同国のラジオ局『カデナ・コペ』や『カデナ・セール』の報道を引用して
伝えている。

 報道によると、C・ロナウドが2011年から2013年にかけて肖像権収入を不正申告し、800万ユーロ
(約10億1000万円)以上を脱税しているとスペインの税務局が見込んでいるようだ。事実であれば、
24日に最高裁判所から懲役21カ月(スペインの法律では2年以下の懲役刑には執行猶予が
付いていることから、収監は免れる見通し)を言い渡されたメッシの脱税額400万ユーロ
(約5億円)の2倍の額となる。

 C・ロナウドについての今回の報道では、問題はすでに検察庁へ渡っているという。
2014年の納税内容について状況を整理、正常化しようとしていた過去もあることから、
本件が行政犯罪なのか、脱税罪に該当するのかの判断がなされるようだ。仮に行政犯罪と
見なされれば、C・ロナウドは不正取得となっている800万ユーロと追徴金を支払うこととなる。
脱税罪に認定された場合は、不正のあった年度ごとに懲役4カ月(2011年から2013年に
脱税疑惑があるため、計12カ月)を科される可能性があるという。

 メッシに続いてC・ロナウドにも脱税疑惑が浮上することとなったが、果たして真相は。
今後の動向に注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00592232-soccerk-socc



続きを読む

浦和宇賀神まさかの代表初選出「1秒でも試合に」

ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 23:28:38.13

 29歳で日本代表に初選出された浦和レッズDF宇賀神友弥が25日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の
遠征先の韓国から帰国した。

 韓国で第一報を聞き「まさか自分が…という状態だった」と振り返った。年代別も含め代表経験はなかった。
宇賀神は「レッズの選手は小さいころから世代別で活躍している選手が多い。自分だけなかったのが、逆に反骨
心になって今までやってこれたし、こういう気持ちがあったからこそ、選んでもらえたのかな」と話した。

 浦和では主に左MFとしてプレーしている。同じく代表に選出されたチームメートのDF槙野智章(30)とは「左サ
イドバックとセンターバックで一緒に(試合に)出られたらいいね」と話したという。代表合宿へ向け「うまく溶け込む
ためにも、プレーでもピッチ外でも臆することなく突っ込んでいきたい」と意欲を示し「1秒でもいいから試合に出た
い。少しでもいいので日本を背負って戦うことを体験したい」と話した。

 日本代表ハリルホジッチ監督(65)とは合宿で初めて言葉を交わすことになる。「チームとしてのサッカーを、自
分から聞きに行きたい。短い期間でどれだけアピールできるかが重要になる。監督の言うことを一言ももらさずに
聞きたい」と心待ちにした。GK西川周作(30)は今回は落選したが、西川は「もう1回ジャンプするために、今は1
回しゃがんでるんだぞ」と前を向いていたという。宇賀神は「できれば一緒に入りたかった。周ちゃん(西川)はい
つもビッグセーブでチームを救ってくれている。自分も最終ラインに入ることが多いですし、もう少しシュートを打
たせなかったり、失点を防げたらそういうことはなかったのかなと。反省しています」と気遣っていた。


日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1829586.html



続きを読む
最新コメント