SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

<北海道コンサドーレ札幌>アンゴラ出身のオランダ人MFエルビオが練習に参加! 外国籍枠拡大見込みで

Egg ★ 2018/10/11(木) 08:08:15.85
 J1北海道コンサドーレ札幌が、来季の外国籍枠拡大を見込み、動き始めた。10日、札幌ドームホヴァリングステージで行われた練習に、アンゴラ出身のオランダ人MFエルビオ(24)=フリー=が参加した。呼び寄せた野々村芳和社長(46)は「速くて打開できるサイドアタッカーは日本にそういない。実際に見て良ければ、来季戦力として獲得も考えている」と話した。8月までオランダ2部でプレーしていた男の適正を、21日まで見極めていく。

 9日にJリーグが来季の外国籍枠拡大について、登録は無制限とし、J1は今季から1人増の5人が出場可能となる案を提示した。野々村社長は「来年は国籍を問わず、5人は保持したい」と方針を示した。現状2つ空いている枠の候補として、エルビオにも注視していく。

写真



10/11(木) 6:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000211-sph-socc


続きを読む

<ハリルホジッチ監督>新天地ナント、初陣は黒星…試合後には早速サポーターへ手を合わせる「後半には少し満足している」

Egg ★ 2018/10/08(月) 08:54:30.36
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181008-00844239-soccerk-000-1-view.jpg
新天地で次のステップへ進むハリルホジッチ監督 [写真]

 10月7日に行われたリーグ・アン第9節で、ナントは敵地でボルドーと対戦し、0−3で敗れた。

 フランス1部のナントは10月2日、同クラブの新監督に元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が就任すると発表。契約期間は2020年6月までとしており、ハリルホジッチ氏は32年ぶりに古巣復帰していた。同氏は現役時代、1981年から86年までナントでプレーし、2度得点王になるなど輝かしい実績を残している。

 今季開幕から苦戦し、降格圏に沈むナントはハリルホジッチ監督のもとで立て直しを目指したが、初陣は難しいものとなった。立ち上がりの5分で先制点を許すと、7分には追加点を決められて2点差。前半終盤にはPKでさらに得点を奪われてしまった。

 3点を追うナントは1点を返したかったがゴールは遠く。0−3で敗れ、ハリルホジッチ監督は黒星発進を喫した。

 試合終了直後、ハリルホジッチ監督は早速サポーターの元へ。日本代表監督時のワールドカップ・アジア最終予選のUAE戦後のように、勝利できなかったことに関してサポーターに向けて手を合わせた。

 また、試合後の記者会見では次のようにコメントを残している。

「複雑な試合だったが、ボルドーという非常に良いチームを祝福しなければならない。7分で0−2となり難しかった。私たちはまだ多くの仕事をしてるが、後半には少し満足している」

「私たちはとても遅れをとっている。この状況から抜け出すために選手はよく戦ったと思うし、後半の彼らのプレーは好きだった。私はこのチームを将来的により良くする必要がある」

10/8(月) 7:57配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00844239-soccerk-socc


続きを読む

「笑顔で『イエス』しか言わず理解していない」 武藤の課題をニューカッスル監督が指摘

春の呪い ★ 2018/10/08(月) 21:18:08.24
● ベニテス監督、武藤の英語力について「我々の予想を下回るものだった」と言及

ニューカッスルのFW武藤嘉紀は、現地時間6日に行われたプレミアリーグ第8節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)で移籍後初ゴールをマークしたなか、指揮官は武藤にプレー面以外で改善を求めているという。英紙「ザ・サン」が報じている。

 待望の瞬間が訪れたのは、ニューカッスルが1-0とリードして迎えた前半10分だった。右サイドからのクロスを中央で受けた武藤は反転しながら左足を一閃。世界屈指の守護神であるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩す強烈なシュートを突き刺し、追加点を奪った。

 試合はその後3連続失点を喫し、逆転負けを喫したが、武藤は現地メディアから高評価を受けている。その一方で、この試合前にニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は日本人アタッカーについて、ある問題点を指摘した。

「彼の英語力は我々の予想を下回るものだった。彼が常に笑顔でいるのは良いことだと思うが、以前いくつか彼に質問した時に、笑顔で『イエス、イエス、イエス』しか言わず、内容を理解していなかった。彼にはゆっくり説明し、ジェスチャーを入れなければならない。動画や分析データを見せれば、理解は早まることだろう。
それぞれの選手や人間性は異なる。彼は英語を上達させ、チームメイトとの理解を深めていくことになる」

 2015年から3年間マインツでプレーした武藤だが、今季からプレミア初参戦であることもあり、自身を取り巻く環境は大きく変わった。武藤は“言葉の壁”に直面しながらも結果を残しており、これからさらに飛躍しそうな予感を漂わせている。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00139941-soccermzw-socc


続きを読む
最新コメント