SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

タトゥーはサッカー選手に悪影響? 独の大学教授が研究結果を報告

あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/08/24(木) 14:14:59.88

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやパリ・サンジェルマンへ移籍した
ブラジル代表FWネイマールなど、多くのサッカー選手が身体にタトゥーを入れている。
しかし、タトゥーがプレーのパフォーマンス低下を招く可能性があるとの研究結果が
ドイツで報告されたようだ。22日付のドイツ紙『ツァイト』が伝えている。

 同紙によると、ケルン体育大学のインゴ・フロベーゼ教授がタトゥーとサッカー選手との
関係を研究。タトゥーに使用されるインクの60〜70パーセントは皮膚から血管にまで達して
体内の血液循環に影響を与えることや、範囲の大きなタトゥーが皮膚の発汗機能や
体温調節機能を阻害することを指摘したという。一つのタトゥーを身体に入れると、
しばらくはフィジカル面で3パーセントから5パーセントほどパフォーマンスが低下するとの
研究報告を発表した。

 タトゥーについてフロベーゼ教授は、「皮膚は人体の中で最大の器官であり、タトゥーは
それを汚染する行為だ」とコメント。さらに「私が責任ある立場にあったら、タトゥーは禁止する。
小さなことかもしれないが、真剣に検討するべきだ」と各クラブへ対策の必要性を訴えた。

 日本代表MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属するフランクフルトやライプツィヒなど、
“外見上望ましくない”との理由でタトゥーを禁止するクラブは以前にもあった。しかし、
健康に対する具体的な影響が示されたことで、サッカー界におけるタトゥーブームにも
変化が起きるかもしれない。今後の動向が注目されることになりそうだ。

(記事/Footmedia)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00632431-soccerk-socc



続きを読む

ルーニー 代表引退を表明「とても難しい決断だった」

ひろし ★@\(^o^)/ 2017/08/23(水) 23:25:48.41

 エバートン(イングランド)のFWウェイン・ルーニー(31)が23日、イングランド代表からの引退を表明した。

 自身の公式サイトで、サウスゲート監督から昨年11月以来の代表復帰の打診があったことを明かした上で「本当にありがたかったが、イングランド代表から引退すると伝えた。とても難しい決断だったが、家族、エバートンの(クーマン)監督、親しい人々と話し合って決めた。イングランド代表でプレーすることはいつも特別だった。代表選出、キャプテン就任は本当に光栄だった。助けてくれたみなさんに感謝したい。だが、今が辞める時だと思う」と記した。

 2003年に当時最年少の17歳111日でA代表デビューを果たしたルーニーは、同年の史上最年少17歳317日での初ゴールを皮切りに、昨年まで14年連続で53得点を積み重ねた。15年には伝説のボビー・チャールトン氏(49得点)を抜いてイングランド代表の最多記録を樹立。史上最多の国際Aマッチ119試合に出場し、昨年11月のW杯欧州予選スコットランド戦が最後の試合となった。

全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000136-spnannex-socc



続きを読む

日豪決戦へ好調・岡崎に注目 米メディア「彼は本田や香川のように美しい選手ではないが……」

数の子 ★@\(^o^)/ 2017/08/23(水) 20:39:04.80

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00010017-theworld-socc

8月31日に行われる2018ロシアワールドカップ・アジア最終予選の日本代表VSオーストラリア代表の大一番へ向け、米『ESPN』はプレミアリーグでプレイする2選手に注目している。1人はレスター・シティで開幕から2試合連続ゴールと波に乗る日本代表FW岡崎慎司、もう1人は昇格組のハダーズフィールド・タウンで奮闘するオーストラリア代表MFアーロン・ムーイだ。

岡崎の活躍は前述した通りだが、ムーイの所属するハダーズフィールド・タウンも昇格組ながら開幕2連勝を達成。ムーイも2節のニューカッスル戦では決勝点を記録するなど、主力の1人としてチームに貢献している。

同メディアも31日に2人が代表の一員として激突することに注目しており、岡崎のことを高く評価している。岡崎はケルンで活躍する大迫勇也が成長したこともあり、現在のハリルJAPANではベンチスタートの機会が増えている。しかし今の大迫は負傷から回復している途中で、オーストラリア戦で状態が良いのは岡崎の方だろう。

同メディアはそんな岡崎について、「岡崎は本田圭佑や香川真司のように美しいタイプの選手ではない。しかし彼の成績は評価されるべきだ。大迫、久保裕也の2人は岡崎よりもテクニックがあるが、岡崎のフィジカル的な部分は持ち合わせていない」と評価しており、プレミアリーグで結果を出す岡崎には代表でも同様のパフォーマンスを期待したいところ。

同メディアも日本の入っているグループBが大混戦となっていることに注目しており、勝ち点17で首位の日本は31日に同16で3位のオーストラリアを直接叩けばワールドカップ出場が決まる。9月にはサウジアラビア戦も控えているが、今海外組で最も勢いに乗っている男でもある岡崎はカギを握る選手の1人と言えそうだ。



続きを読む
最新コメント