SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

<FW闘莉王>浦和時代を超える12ゴール!得点ランクも3位浮上。36歳でキャリアハイを更新!抜群に機能している理由とは?

Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 08:46:03.04

古巣を相手に2得点を叩き出したパフォーマンスは特筆に価するものだった。

[J2リーグ24節]京都3−1名古屋/7月22日/西京極
 
 2トップの高さをシンプルに使う京都と、パスをつないで崩したい名古屋。前半は両チームとも自らが志向するスタイルで攻撃をしかけて、シュートまで持ち込めていた。
 
 しかしハーフタイムを迎えた時点でスコアは2−1。後半は守備を修正した京都がリードしている優位性を生かし、追加点を奪って快勝している。
 
 多くの試合がそうであるように、この試合でも勝敗の行方を分けたのは両者の決定力だ。とりわけ、古巣を相手に2得点を叩き出した田中マルクス闘莉王のパフォーマンスは特筆に価するものだった。
 
 先制点となった1点目は、アーリークロスをケヴィン・オリスが折り返したボールをヘッドで押し込んだ。「僕もクシくん(櫛引)もボールウォッチャーになってしまった」(和泉)という中で、相手の背後からボールの落下地点をいち早く捉えている。
 
 その後、一旦は追いつかれるが、再びリードを奪ったゴールにも闘莉王が関わった。味方選手のシュートが相手DFに防がれたこぼれ球に反応。闘莉王のシュートが相手DFに当たったところを小屋松が押し込んでいる。そして後半の2点目。CKの2次攻撃をエスクデロと相手DFが競り合ったこぼれ球を、ワントラップから冷静に流しこんで試合の流れを大きく引き寄せた。
 
 いずれの場面でも際立つのが、闘莉王の冷静さだ。広大なピッチ上で最もプレッシャーが厳しいゴール前。相手の当たりや寄せは激しく、チャンス故に焦りが判断やプレー精度を鈍らせてしまうこともあるが、この男からはそうしたものが感じられない。心の中ではあるのかもしれないが、見ている限りは状況認知から判断、プレーの実行という一連の流れが実に的確なのだ。
 
 この日の2点目のシーンでもこぼれ球に反応した瞬間、横から相手DFが寄せてきていたが、太ももでボールを軽く押し出すようにスペースへ流すことでプレッシャーを回避し、シュートに持ち込んでいる。本人は「たまたまですよ」と多くを語りたがらないが、それはまるで点取り屋の嗅覚だ。

サッカーダイジェスト7/24(月) 6:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170724-00028061-sdigestw-socc



続きを読む

本田圭佑が足に違和感、実戦起用へ2~3週間見込み

たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 06:28:50.91

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-01860670-nksports-socc
日刊スポーツ

<メキシコリーグ:UNAM1−0パチューカ>◇前期◇第1節◇23日◇メキシコ市

 パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が足の違和感を訴えていたことを、アロンソ監督が明かした。

 同監督は本田が欠場したUNAM戦後の会見で、高地への順化にさらに時間が必要であり、実戦での起用に「2〜3週間はかかる」と、見込みを語った。

 あくまで慎重な見立てだが、実戦デビューがこの通りのスケジュールとなれば、8月31日の大事なW杯アジア最終予選オーストラリア戦(埼玉)を控える、日本代表にも大きな影響を与えることになりそうだ。



続きを読む

上西議員「レッズファンが事務所に押しかけてきました。浦和関係者が黙殺したら写真週刊誌の企画で試合を観に行きます」

ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 13:16:53.71

上西小百合衆院議員(34)が22日、ツイッターを更新。自身の大阪事務所にサッカーJ1浦和のファンを名乗る人物が押しかけてきたことを明かした。
「本日、私の大阪事務所に浦和レッズファンを名乗る人間が押しかけて来ました」と主張。
「たまたまテレビ取材中だったのて、何人かいたので帰らせる事ができましたが、正直なところ浦和レッズ関係者がこれを黙認するのならば私にも考えがあります」(原文ママ)と持論を展開した。
また週刊誌から「“企画として”レッズの試合を観にいきませんか」と持ちかけられたが断わったという。

この日の騒動を受け、「レッズサポーターがこの程度の低レベルなら行ってもいいと思う」と含みを持たせた。
その後のツイートで「『FRIDAY』さん、レッズの試合を観に行く企画受けてもいいですよ」と写真週刊誌「FRIDAY」からの依頼だったことを明かした。

上西氏は15日、浦和と独1部リーグのドルトムントとの親善試合で浦和が逆転負けしたことについて、自身のツイッターに「酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と書き込み炎上。
「一生懸命戦った選手に大変失礼」などと反論が寄せられたが、上西氏は「サッカーの応援しているだけのくせに、ムカつく」などと投稿し、再炎上。
事務所に「殺す」などのメールやFAXなどが数十件届いていた。

http://www.sanspo.com/geino/news/20170722/sot17072215330009-n1.html

■関連スレ
【サッカー】上西議員の事務所に「浦和ファン」2人が乗り込む 居合わせ「怖かった」★3
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1500729266/

★1:2017/07/22(土) 17:20:27.22
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1500711627/



続きを読む
最新コメント