SAMURAIサッカーまとめでござる

サッカー情報2ch関連のまとめのまとめです。

"

息はぴったり!ハリルJ、“ダブル司令塔”香川&清武でタイ量点だ

大翔 ★@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 06:24:13.54 CAP_USER9

2017.3.27 05:03
http://www.sanspo.com/soccer/news/20170327/jpn17032705030003-n1.html

サッカー・日本代表合宿(26日、さいたま市内)W杯ロシア大会アジア最終予選でB組2位の日本は、
第7戦となるタイ戦(28日、埼玉スタジアム)に向け、非公開での紅白戦を実施した。

バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は離脱者が相次ぐ中、試合途中からの得点力アップのため、
MF香川真司(28)=ドルトムント=とMF清武弘嗣(27)=C大阪=を中盤に並べる“ダブル司令塔”を準備しているもようだ。

いたる所に警備員を置き、厳重な警戒態勢が敷かれた埼玉スタジアム。気温4度。そぼ降る雨の下で紅白戦(非公開)が行われ、MF香川が白い息を弾ませた。
「UAE戦は相手の強みを消す戦いだったが、次は逆になる。僕らが主導権を握った中でどう戦うかだと思う」

敵地で宿敵のUAEをたたき、意気揚々と帰国したチーム。しかし、3トップのFW大迫、ゴールを挙げたMF今野がけがで無念の離脱。
チームのセンターラインを失ったことで、背番号10にかかる期待と重圧は増している。

関係者によれば、ハリルホジッチ監督はB組で最下位に沈むタイが、自陣に引いて守りを固めることを想定。
攻撃的布陣を模索する中、試合途中から香川と清武を中盤に並べる「ダブル司令塔」をオプションの一つとして準備したもよう。
2−0で勝った昨年9月のアウェーでの対戦でも、相手の堅守にてこずり、追加点を奪えない厳しい時間帯が続いた。

清武はC大阪時代にともにプレーした“浪速のKKコンビ”で息はぴったり。代表では長くトップ下のポジションを争ってきたが、一緒にピッチに立てば鬼に金棒だ。
さらに現チームはFW原口、FW久保の2人が急成長。両サイドの推進力が武器といえるまでになった。

香川は「それをどう生かすかがポイント。ときにはリスクを負って、前に人数をかけることも必要になる。攻撃のアイデアを増やしたい」。
W杯自動出場圏内の2位確保へ、ホームでの勝ち点3は必須条件。あわよくば得失点差での争いも視野に入れ、最下位相手に大量ゴールを奪いたい。香川が攻撃のタクトを振る。 (浅井武)

タイ戦での先発復帰を狙うGK西川周作
「(メンバーは)監督が決めることだが、自分なりに役割を考えてしっかりと準備していきたい」

DF長友佑都
「(監督が)カメレオンのように戦術を変えても、誰が出てもいい試合ができると証明したい」

前回のタイ戦でゴールを決めているFW浅野拓磨
「自分の特長を出すことができれば、ゴールは近づいてくると思う」

★この日の練習

 午後5時半から、試合会場となる埼玉スタジアムで約1時間半の練習を行った。前日25日は一般のファンに公開したが、この日は非公開。
報道陣への公開も、冒頭15分のみに制限された。軽いランニングのあとにパス回しを実施した。非公開の間に戦術の確認や紅白戦などを行ったもよう。



続きを読む

アジアサッカーは15年後に日中の二強となる可能性あるぞ=中国報道

仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 13:49:03.89 CAP_USER9

2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選第6戦が23日に行われ、中国代表が韓国代表に1−0で勝利した。
低迷が続いている中国代表だが、アジアの強豪国である韓国を下したことで中国国内では自国の代表を再評価する声も多い。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国男子サッカーは近年、アジアでも二流のチームに成り下がっていたと指摘する一方、
「15年後には日本と中国がアジアの二強となる可能性がある」と主張した。

 記事は、中国男子サッカーは20世紀後半にかけて「アジアの準一流」と呼べるだけの実力を持っていたと主張、
アジアにおいては少なくとも5本の指に入る実力があったのは確かだとしながらも近年は実力の低下が指摘されるなど、
代表チームの低迷が続いていたと指摘。
さらに、現在の中国代表はもはや準一流ですらなく、二流チームであり、「三流、四流の試合をすることも珍しくなかった」と論じた。

 一方、中国代表が23日に行われた最終予選で韓国を下したことに対し、
「アジアサッカーの勢力図に微妙ではあるが、変化が生じている」と主張。
中国は習近平国家主席がサッカー好きということもあり、近年はサッカーの実力向上に取り組んでおり、
韓国戦での勝利はその成果が出てきたものだと主張。
また、日本はすでにアジアの強豪国であり、次世代の選手育成も含めて「良好な循環を形成することに成功しており、
今後も強豪国であり続ける可能性が高い」と論じた。

 だが記事は、韓国については「韓国国民のサッカーに対する情熱は、
規模の大きな大会の時にしか盛り上がらないように見受けられる」とし、普段はサッカーよりもむしろ野球の方が人気のようだと主張。
スポーツは国がどれだけそのスポーツを重視し、どれだけ関与するのか、そしてどれだけの国民が関心を持っているのかによって、
その強さが変わるとし、国を挙げてサッカーの実力向上に取り組む中国は今後、飛躍的に実力が向上する可能性があると伝えている。

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170327/Searchina_20170327021.html



続きを読む

長友、久保のアティテュードを賞賛!「昔の自分というか、同じ年代のときの自分を思い出す」

カイキニッショク 2017/03/26(日) 21:46:23.44 CAP_USER9

長友、久保の姿勢を絶賛「同じ年代の時の自分を思い出す」

スポーツ報知 3/26(日) 20:51配信

日本代表は26日、さいたま市内で冒頭15分のみ報道陣に公開し、非公開で調整した。
28日のロシアW杯アジア最終予選、タイ戦に向け、相手を想定した布陣をテスト。
練習後に対応したDF長友佑都(30)=インテル=は23日のUAE戦(アルアイン)で1得点1アシストのFW久保裕也(23)=ゲント=の姿勢を絶賛した。

30歳のベテランが23歳の若武者の姿勢に頼もしさを感じている。
「久保とか見てて、昔の自分というか、同じ年代のときの自分を思い出す」と話した。
長友の中では自らが北京五輪代表を経験し、その後、2010年南アフリカW杯に挑んだ時代の自分に重ねていた。
「圭佑(本田)もそう。僕も。怖いもの知らずだった。前へ前へって感じ。久保をみててもそう感じるし、見ていて、面白い」。
ヤングボーイズ(スイス)をへてゲントで活躍する若きFWのサッカーに向き合う姿勢を高く評価した。

タイ戦は左サイドバックで先発が濃厚。チームのミーティングではタイのオーストラリア戦と、サウジアラビア戦の映像を見た。
「負けはしたけど、いいサッカーをしている。チャンスを作っているし、結果はともなってないけど、
力を持っているあなどれないチーム」と分析。
その上で、「みなさん得失点差とか、大量得点とかぼくらをあおりますけど、それにはのらないようにしている。まずは勝ち点3。
タイだからといって、なめてかかると足元をすくわれる」と気を引き締めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000283-sph-socc



続きを読む
最新コメント